いなざき獅子舞

 いなざき獅子舞は、秋分の日に和泉鳥見神社へ奉納されるもので、秋の豊作に対する感謝を表わしたものです。ちなみに「いなざき」とは稲の収穫を前にしてという意味です。
 大獅子、中獅子、女獅子の三匹獅子に道化が加わり、道化の舞、四方固めの舞、花笠めぐりの舞、けんかの舞と綱くぐりの舞が演じられます。特に、道化の舞での道化のしぐさは子孫繁栄を意味しています。昭和41年4月19日に市の無形民俗文化財に指定されました。

・実施団体:いなざき獅子舞保存会
・日  時:平成28年9月22日(木・祝)
・場  所:鳥見神社(印西市和泉622)
・交  通:JR成田線 木下駅下車 徒歩50分
・問合せ先:印西市教育委員会生涯学習課文化班 0476-42-5111

いなざき獅子舞
<マップへ
<イベントページへ