鳥見神社の神楽

 鳥見神社の神楽は、毎年10月17日の鳥見神社例大祭に神社の社前で奉納されます。
 この神楽は、「大和神楽」または「十二座神楽」と呼ばれ、14人の演者と16の演目から構成されています。演目は、「捧弊式」「かため巫女」「かため翁の神」「国かためくなどの神」「五穀祖神種蒔」「ちのりほっきゅう」「うなかみめきょう楽」「神剣宝鏡」「榊笹行事」「天狐乱舞」「おのころ島起源」「出雲国しずめ」「山神悪鬼除伏」「宮殿作行事」「天岩戸前事」「大神宮」からなり、神代の物語と郷土の農耕生活を反映したものです。現在は演目の一部を奉納しています。
その起源は文安年間(1444〜1448)に遡ると伝えられ、使用されている面は宝暦元年(1751)の作です。昭和36年6月9日、県指定民俗文化財に指定されました。

・実施団体:大和神楽保存会
・日  時:平成28年10月17日(月)
・交  通:印西市中根1339 中根鳥見神社 (JR小林駅)  
・問合せ先:印西市教育委員会生涯学習課文化班 0476−42−5111

<マップへ
<イベントページへ